« 暑さ本番 | トップページ | Keep Holding U »

2006年7月16日 (日)

日本沈没

日本沈没を早速見てきた。

日本沈没 ナビゲートDVD

この前の「海猿」もそうだったが  日本映画もレベルが高い。

日本がどういう現象で水没していくか  理解できた。

日本の有名な建築物や火山噴火も  リアルだった。

人が土砂にのまれたり  橋から落下するのも  衝撃的だった。

日本の将来を考えるためにも  この映画は見た方がいいと思う。

出演している人たちも  何か伝えたいことがあるはずだから。

少なくとも  自分は受け取れたものがあった。

良い作品だった。

|

« 暑さ本番 | トップページ | Keep Holding U »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115/2677555

この記事へのトラックバック一覧です: 日本沈没:

» 日本沈没 [S-Syncの日常]
日本が海の底に沈んだら、あなたはどうする? 地殻変動により、日本各地で地震が頻発、大地は裂け、活火山のみならず、休火山までもが噴火を始める。建物は崩壊、歴史的遺産も自然の前に為す術無く飲み込まれていく。そして日本列島は、加速度的に太平洋の底へと沈んでいく・・・。 1973年、小松左京原作、同年映画化され約880万人を動員した日本を代表するディザスター作品。 その大作を2006年、現代版に完全リメイク。 「ローレライ」で長編映画監督デビューした樋口真嗣が、製作費20億円を投じて送る... [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 18時00分

» 「日本沈没」レビュー 樋口真嗣も小野寺俊夫も、人類は一生懸命に輝く。  [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
この記事は日本沈没試写会感想記事ですが、基本的にネタバレはしません。とくに、「話題やのは知ってるけど詳しくは、、、」って人に対して、是非映画館に行きたくなるような記事を書きたいと思います。では早速、過去関連記事とともにどうぞ♪ ※てれすどん2号の日本沈没紹介記事:http://blog.goo.ne.jp/masashisandesuka/e/8626bb7a31714375721d566c2c0b31b1 ※日本沈没チラシ詳細:http://blog... [続きを読む]

受信: 2006年7月17日 (月) 02時18分

« 暑さ本番 | トップページ | Keep Holding U »