« 雪が見たい | トップページ | 大雪 »

2005年12月23日 (金)

高橋尚子選手

今日のマラソンも快調だった。

筋トレの効果が出て足がどんどん前に出て行く。

あまりにも速いので少し抑えたほどだった。

これなら、レースでも充分実力をためすことが出来る。

身体は自分の納得いくところまで造ることが出来た。

今日は東京国際女子マラソンで優勝した高橋尚子選手のことを書きたい。

あの日はテレビでずっと見ていた。

本当は生で見たかったのだが、前日の風邪がひどくなったので家で見た。

マラソンは自分なりの走り方があるが、いつも同じは通用しない。

なぜなら、同じような筋肉が部分的に疲れ機能しないからだ。

それを高橋選手の走りが物語っていた。

前半でとばすレースから、前半は同じスピードで我慢して後半に勝負をかける内容に変わった。

これは高橋選手にとって大きな意識の改革だったのではないだろうか。

あのレースを見て、自分なりのマラソンを色々考えて組み立てていかなくてはいけないなと思った。

             

マラソンはただ走るだけの競技ではない。

           

これは、走り続けてきた自分自身がよくわかっている。

高橋選手の走り方には、色々影響を受けた。

どこまでやれるかわからないが、自分なりに上を目指して、マラソンを続けていこうと思えた。

高橋選手のように、人を感動させるマラソンがしたい。

|

« 雪が見たい | トップページ | 大雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115/140277

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋尚子選手:

» 東京国際女子、土佐礼子が優勝 [今、話題のキーワード]
失速 51秒 15秒 三井住友海上 土佐選手 ペース 抜かれた 高橋選手 最後 マラソン 高橋尚子選手 地点 土佐礼子選手 39キロ過ぎ 入り 同じ 1位 初優勝 2位 3位 2時間 高橋 高橋尚子 資生堂 土佐 尾崎朱美選手 土佐礼子 26分 東京国際女子マラソン 優勝 終わった 22秒 31分 ファイテン レース 28分 雨 19日 感じ スタート 日本人 東京 マラソン2回 狙った... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 09時10分

« 雪が見たい | トップページ | 大雪 »